資産運用で失敗しないために オーバーコンフィデンスにご注意

投資は予想もつかない動きをするということもあります。シェラ神様だろうがびっくりすることもあるんです。しかしそんな相場の流れ以外にも失敗を大きくしてしまう要因があるのです。

資産運用で失敗しないために オーバーコンフィデンスにご注意

資産運用で失敗する要因の一つがオーバーコンフィデンスだと考えられます。直訳すると自信過剰です。どういうことでしょうか。

例えばたまたま、景気の波が底を打った時に株式の投資を始めた人がいるとします。 景気が回復するに従って株価も上昇するので、どんどん利益が増えます。

利益確定で売却して、また株式を買うと、次も上がります。

「自分は投資の天才だ」と思うかもしれません。 一度も負けずに勝ち続ければ無理もありません。 そして、自分に有利な思い込みを繰り返すようになります。

ただ、それは景気が谷から山へと向かう局面だったにすぎません。 何を買っても利益が上がります。 これは初心者でも専門家でも同じです。

このように、運用成果と個人の努力(?)や分析は関係性がありません。 ただの自信過剰です。

やがて、景気が循環します。

谷に向かう局面では、初心者でも専門家でも損失を抱えます。 投資の成功は、実力ではないことをよく認識することが大切です。 経験を積んだ投資家でも未来の事はわかりません。

あくまでも、「運が良かっただけ」くらいに考える方が良いでしょう。 とは言え、逆に自信が必要な場面もあります。

相場がどんどん下がる中、買い増しをすること(つまり安い時に買う)は勇気がいるものです。 買い増しをしても含み損が増えていっては、更に心細くなります。

そんな時に「今は下落基調で含み損は出るけれど、景気は循環するから必ず上がる。過去のベンチマークと比較してもそろそろ谷のはずだ。長期で見れば上がる可能性が高い」という理論に基づく自信は有利に働きます。

ただ、いつが景気の底なのかは誰にもその時点では分かりません。

難しいことですが、景気が上昇している時は「たまたま運が良かっただけだ」と謙虚に構え、金融危機時などには理論的に考えましょう。

別のケースのお話です。

投資を始めた後に、ものすごく儲かったとしましょう。 例えばリーマンショックの後などにドカン買いをした人は、年間で数百万円や一千万円を超える利益が入ることがあります。

そしてその状況が何年間か続いたとしても、現役で労働(会社勤めや自営業)をしている年代の方は、お仕事を辞めない方が良いと思います。 やがて景気が循環し、厳しい時代がやってくるからです。

よほどの利益が出ても、投資だけで生活をすることは難しいです。 投資は仕事をしながらでも十分できます。 むしろ仕事での安定収入があってこそ、健全で合理的な投資がしやすくなるのではないでしょうか。

おすすめの記事