FXのハイリスクハイリターン。レバレッジ取引をおこなうときの注意点

シェラ様のこのツイートを聞いて、まじか!って思う反面納得することもありました。 ぼくの知り合いでもはじめたはいいけどやめっちゃってやつはかなり身近に多いです。一時的な損でやめてしまったという点がどうしても怖いという話はやっぱりいつでもされちゃいます。

そんなときにどういうかっていうと、「やっぱちゃんと知ってほしい」という事をしっかり口に出して伝えています。FXを知ることで、しっかりと投資について理解してほしい。そんな気持ちを伝えていますね

つまり勉強しようってことですね!!

レバレッジ取引をおこなうときの注意点

株式投資やFXは多くのレバレッジを使っていくことで場合によっては数秒で収益を上げることができます。 高いレバレッジを使っていくことで多くのメリットを得ることができます。

一番大きなメリットが、少ない元手でも資金の何倍もの金額を投資することが可能となる点です。 場合によっては、自分の元本の30倍近い金額で投資をすることができます。

しかし、多額のレバレッジを使った取引をおこなっていく場合、時にはそれが原因で大きな損害を被る可能性もありますので、十分な注意が必要です。

FXでレバレッジを使った場合、自分が当初予想した動きと違うような動きをした場合には即座に自分のポジションを手仕舞うことを考えていかなければなりません。 いずれは戻るだろうと考えて損害を放置することで、かけたレバレッジの分だけ大きな損害が発生する可能性や危険性も十分に考えられます。

まずはきちんとしたポジション管理をして、万が一の相場展開の急変にも備えることがとても大切な考え方となります。 そうでないと、多くの損失が短時間で発生してしまうようなケースもあります。

FXにしろ株式投資にしろ、ロスカットは自分できちんとしたルールを定めておこなうべきです。 特にFXのように多額のレバレッジを使うような場合には欠かせない考え方となります。

ロスカットラインの基準がどの程度に設定されているかもFXの口座開設の際には重要なポイントとなります。 ここをおろそかにしてしまうと、含み損が膨らんでいくなかで、精神的にも追い詰められて追証と呼ばれるリスクの中で大変な思いをして、再度の挑戦ができなくなる可能性も十分に考えられます。

ロスカットも含め、最適なポジション管理をすることが成功する投資を行っていく上でも重要な考え方となります。 ロスカットラインは予め取引を行う業者によって定められています。

口座開設をするときには多くの業者の中から自分にとって安全で快適な投資をサポートしてくれる会社を選んでいくべきです。

投資初心者は証拠金維持率などの専門用語や計算方法などが難しく感じられるかも知れません。 そのため、きちんとした方法で計算を行ってくれる会社や取引画面でパーセンテージをわかりやすく表記する業者を選んでいくことが投資で成功するために重要な事となります。 普段からきちんとしたリスク管理をおこなうことで、多くのリスクから自分を守っていくことができます。

少しでも損害が広がり、相場の先行き不透明感が強いようなときには、まずはロスカットを確実におこなっていくことを意識してみてください。

高いレバレッジと急激な変動の相場がミックスされると、時に大損害に繋がります。 マージンコールという考え方も大変重要な概念ですので覚えておくべきです。 マージンコールは加熱する相場展開の中で冷静で合理的な判断ができなくなった投資家に対して「そろそろ危ないです」危険を促すことです。

FXは大変多くのレバレッジをかけて投資を行っていきますので、時には自分の元本の何倍もの投資をすることも可能です。 成功すると大きな利益ですが、失敗すると大変多くの損失を計上するような場合もあります。 メリットとデメリットは常に表裏一体であることを念頭に置いておかなければなりません。 為替の世界では多くの方が熱狂する相場の過熱感の中で我を忘れることも多くあります。

その結果、追証と呼ばれる追加でさらなる資金を入れなければならなくなる状況にまで追い込まれるようであると、やはり自分の相場哲学や戦略が間違っていたと考えなければいけません。 危険を自分で侵さないように、普段からきちんとした方法でのリスク管理をすることが重要なこととなるのです。

17 1 - FXのハイリスクハイリターン。レバレッジ取引をおこなうときの注意点

また、スワップポイントを上手く使っていくことで多くの収益を上げることも可能です。

ではスワップポイントとはどのようなものなのでしょうか。

スワップポイントとは取引を行っていく2国間の金利差に着目してそこで利益を得る方法をのことをいいます。 スワップポイントはFXをおこなっていくうえでは、特に美味しいメリットとなります。

日本が大変な低金利であることは皆さんご存じかと思います。 そのような日本円にいつまでも預ける投資家は少ないのではないでしょうか。

反対に、海外の高金利通貨は場合によっては年間で10%近い高金利を誇るような場合も多いのです。 このような場合、きちんとした円高のタイミングで高金利通貨を買って低金利通貨を売ることができれば保有期間中、差額分を手中に収めることができます。

ポイントとなるのは、スワップポイントは平日のみならず、土日祝も含め保有期間中はそのメリットが享受できるということです。

円高のタイミングで購入しておけば、為替相場が膠着しているような状況でも継続的に多くの収益を上げることができます。 スワップポイントにハイリスク・ハイリターンな外国為替証拠金取引の特徴であるレバレッジを上手く組み合わせると、効率的で効果的な投資戦略を行っていけます。

このように商品の持つメリットや特性をきちんと理解することで、効果的に資産を構築していくことが可能です。

スワップポイントを上手に活用することで、日々細かな売買をすることに抵抗感があったり、そもそも十分な時間的な余裕がないような方にとっても十分な武器となります。 高金利通貨の代表格であるオーストラリアドルやニュージーランドドル、トルコリラなどを中心としていくつかの通貨の値動きは普段からウォッチしておくと良いでしょう。

おすすめのFX口座
fxsuit

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックが可能な数少ないFX口座。 海外口座ではあるがFXSuitは条件・保障も良い。海外口座独自の強みを生かせる。

口座開設 公式サイト
おすすめの記事