つみたてNISAとiDeCo、どちらを優先させるべき?

別の記事でつみたてNISAと一般NISAについて比較しましたが、ではiDeCoとつみたてNISAについては今回は比較します。

前回の記事はこちら

つみたてNISAとiDeCo、どちらを優先させるべき?

つみたてNISAとiDeCoは、投資信託などを積み立て購入していく、という点が共通しています。 どちらを優先させるべきか、悩む人もいます。

基本的には、税メリットを検討したうえでいずれかを選ぶのが得策です。

iDeCoの方は運用利益が非課税になるのに加え、掛け金が全額所得控除され、所得税や住民税が軽減されます。 これはつみたてNISAにはない特典です。

ただし、iDeCoは将来、年金や一時金として受け取る際に所得税や住民税の課税対象になるという、つみたてNISAにはないデメリットがあります。

iDeCoで積み立てたお金を将来、一時金で受け取る場合は「退職所得控除」の適用を受けることも可能ですが、会社員で退職金があるある人はそちらで控除枠を使うのが一般的です。

場合によってはiDeCoの一時金には退職所得控除が使えず、税負担が大きくなることも考えられます。 また年金として受け取る場合は「公的年金等控除」の対象となり、一定の額を差し引くことができますが、公的年金だけで非課税枠を超えてしまえば税負担が生じます。

とくに会社員の方は退職金がある、自営業の方(国民年金)より公的年金が多い、という点で受取時の税金が気になります。 したがって、「所得控除のメリットと、受取時課税のデメリットを比較したうえで選ぶ」というのが基本になります。

iDeCoを検討する際には知っておきたいことです。

一方、退職金がなく、公的年金も少ない自営業の方は、所得控除のあるiDeCoは積極的に検討したいところです。 iDeCoはあくまで老後資金づくりのための制度であり、運用したお金が受け取れるのは原則60歳以降です。 それより前に使う可能性があるお金は、つみたてNISAが適しているでしょう。

iDeCoの掛け金を決める際には、教育費その他の資金がショートしないように気を付けましょう。

おすすめのFX口座
fxsuit

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックが可能な数少ないFX口座。 海外口座ではあるがFXSuitは条件・保障も良い。海外口座独自の強みを生かせる。

口座開設 公式サイト
おすすめの記事